FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : スポンサー広告

キーワード :


音楽家D <キャラクター 専門職人 女性>

聴衆の腹を満たす歌手です。

その美声で多くの聴衆を魅了していましたが、
ある時から、聴衆が満腹になるという現象が起こり始めたのです。

調査の結果、本当に栄養を与えていることが判明しました。
何も口にしなくても、彼女の歌声を聴けば餓えることはありません。

奇跡の歌手として、彼女の噂は各地に広まり、
様々な権力者達が、この現象を軍事に利用しようと考えています。

歌を聴かせるだけで大兵力の食事を賄えられる彼女は、
たとえ犠牲を払ってでも手に入れたい存在です。

しかし、彼女は戦争で親を亡くしており、
そのような目的のために歌うことは決してありません。

現在、彼女はパトロンである貴族の元に身を寄せています。
彼女の心情を理解し、手厚く保護してくれる人物ですが、
貴族である以上、様々なしがらみがあり、
権力者達はそこにつけこもうと暗躍している最中です。

カテゴリ : 専門職人

キーワード :


スポンサーサイト

本G <アイテム 書物>

時間の流れを速める本です。

古代の貴重な記録が書かれている、著者不明の本です。
ある魔法がかけられており、この本を読み出すと、
その人物のみ時間の流れが速くなります。

本を読み進めるごとに速度も上がるので、
読み終える前に老衰で死んでしまうかもしれません。

しかし、その内容は世間に広められるべきであると、
大勢の人物達が協力し、別の本にまとめられています。

以来、この本を読もうとする者はいなくなりましたが、
最近になって、この本にかけられた魔法が話題になっています。

内容を書き終えた本に魔法がかけられたのではなく、
魔法をかけられた状態の白紙の本に、
誰かが執筆したものだと判明したのです。

筆跡を見る限り、一人の人物が全てを書いており、
著者が不死かそれに近い存在だとすれば、
現在もどこかにいる可能性があります。

失われた知識を持つであろう人物の手掛かりはこの本だけです。

材料の詳細や、隠された記述の有無等を調べたいのですが、
強力な魔法が込められた本をむやみに分解すれば、
どんな結果を引き起こすか予測ができず、手が出せない状況です。

カテゴリ : 書物

キーワード :


海D <場所 海・河川・湖沼・島>

海水が血液のように見える海岸です。

おぞましい光景として有名です。
人が触れると水に戻るので、すぐに幻覚であることがわかります。

時折、何もなくても元に戻ったりと、
それほど大した技術の幻術ではないはずですが、
解除に成功できた者はいません。

その見た目が何かを期待させるのか、
怪しげな連中がやって来るものの、いずれも落胆して帰っています。

最近、この場所で雨が降ると、
厄介な現象が起こるようになりました。
血の海の幻覚が消える代わりに、別の場所で血の雨が降るのです。

人の住む場所に降られると、
辺り一面に悪夢のような光景が広がります。

海岸の幻覚と同様、人が触れれば元に戻りますが、
高い場所に付着した雨水は乾くまで待つしかありません。

今のところ、血の雨が降る場所に関連は見つけられず、
周辺地域で無作為に決められているようです。

有効な対策が見つけられない現状の中、
一度被害に遭った住民達は、雲が陰るだけで憂鬱な気分に陥ります。

カテゴリ : 海・河川・湖沼・島

キーワード : 幻術 


商人J <キャラクター 一般市民 男性>

味覚を失った商人です。

一代で財をなし、憧れであった美食を楽しんでいましたが、
突然、何を食べても味を感じなくなったのです。

どんな医者に診てもらっても原因が判明しない中、
彼は奇妙な夢を見ました。

味覚を失ったのは、自分の肖像画を描かれ、
その絵に魔法をかけられたため、というのです。

夢は真実のお告げであると確信し、
こちらも魔法の絵で対抗しようと、
様々な画家と魔術師を自宅に招き始めます。

周囲の者達からは、夢の内容に確証など無く、
他の原因も探るべきだと諌められますが、聞く耳を持ちません。

莫大な報酬を目当てに、大量の画家と魔術師が集まり出し、
本当に実力があるのかどうか怪しい者までいる始末です。

増えた人員は屋敷に収まらず、
買い取った別の施設に住み込ませる程に膨れ上がっていますが、
それでも尚、人数は増え続ける一方です。

画家達はより精巧な人物画を描こうと競い合い、
魔術師達も魔法研究にしのぎを削っています。

施設の周囲は廃棄された肖像画で溢れ返り、
怪しげな魔法が発動する毎日が続いています。

不安がる周囲の住民達にも金を配って抑えているので、
金が欲しいだけの不審な人物まで出始めている状況です。

カテゴリ : 一般市民

キーワード : 商人 


施設L <場所 建造物 (小規模)>

壁面の文字が動く遺跡です。

ドーム状の建物で、内部は仕切りのない空間があるだけです。
内部の壁面には大量の古代文字が書かれており、
それらが目まぐるしく移動しています。

文字の並びは無作為としか見えず、
遺跡の目的や文字の意味等、一切が不明です。

ただ、常に幾つかの文字が動きを止めるため、
謎の手掛かりとして学術団体が記録をつけています。

しかし、この遺跡が発見されてから数年、
昼夜を問わない文字の記録に、
多くの人員が配置されているにも関わらず、
何の成果も得られていません。

最近では、これ以上続けても人の無駄遣いでしかなく、
文字の記録を止めるべきだとの声が多く挙がっています。

記録の打ち切りが決定されそうな勢いの中、
続行を望む人物もいますが、
それならば自分達だけで好きに続ければいい、
と冷ややかな目で見られています。

カテゴリ : 建造物 (小規模)

キーワード : 遺跡 


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム語句(中世FT)
中世ファンタジー舞台の
語句が表示されます。
シナリオのヒントにでも
お使い下さい。


背景 

キャラ1 

キャラ2 

行動 

アイテム 

場所 

現象・状況 
ランダム語句(近現代ホラー)
近現代ホラー舞台の
語句が表示されます。
シナリオのヒントにでも
お使い下さい。


背景 

キャラ1 

キャラ2 

行動 

アイテム 

場所 

現象・状況 
□■ pixiv ■□
魔法陣の大きいサイズは、
Pixivで公開しています。


pixiv.gif
リンク
登録ブログ


最新記事
サイト内検索
ランダム表示
ランダムで記事にジャンプします
カテゴリ
 ├ 冒険者 (16)
 ├ 奴隷 (7)
 ├ 装備品 (44)
 ├ 装飾品 (18)
 ├ 調度品 (11)
 ├ 美術品 (5)
 ├ 楽器 (4)
 ├ 書物 (12)
 ├ 雑貨 (54)
 └ 乗り物 (5)
 ├ 農牧場 (4)
 ├ 森林 (7)
 ├ 山岳 (12)
 ├ 部屋 (9)
 ├ 通路 (12)
 ├ 扉 (9)
 ├ 宝箱 (12)
 ├ 記事 (5)
 └ メモ (5)
キーワード
● キャラクター
 ├ スパイ (6)
 ├ 悪魔 (6)
 ├ 暗殺者 (8)
 ├ 医者 (3)
 ├ 画家 (4)
 ├ 街人 (10)
 ├ 学者 (9)
 ├ 商人 (14)
 ├ 職人 (7)
 ├ 戦士 (17)
 ├ 虫 (4)
 ├ 盗賊 (8)
 ├ 魔術師 (28)
 └ 霊 (4)

● アイテム
 ├ ナイフ (4)
 ├ ブーツ (3)
 ├ ペン (5)
 ├ 椅子 (5)
 ├ 遺物 (5)
 ├ 仮面 (4)
 ├ 絵画 (6)
 ├ 巻物 (4)
 ├ 眼鏡 (4)
 ├ 弓矢 (9)
 ├ 鏡 (6)
 ├ 剣 (15)
 ├ 戸棚 (3)
 ├ 財宝 (6)
 ├ 首輪 (3)
 ├ 杖 (4)
 ├ 食器 (4)
 ├ 人形 (4)
 ├ 水瓶 (3)
 ├ 毒 (4)
 ├ 入れ墨 (4)
 ├ 宝石 (5)
 └ 薬品 (5)

● 場所・団体
 ├ 遺跡 (19)
 ├ 教会 (8)
 ├ 住宅 (6)
 ├ 戦場 (4)
 ├ 店 (4)
 ├ 廃村 (5)
 └ 迷路 (6)

● 状況・現象
 ├ 暗闇 (5)
 ├ 影 (4)
 ├ 音 (11)
 ├ 記憶 (6)
 ├ 幻術 (13)
 ├ 呪い (14)
 ├ 召喚 (4)
 ├ 戦争 (6)
 ├ 転送 (5)
 └ 変身 (5)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。